◆「デンプン質の問題点1」◆/パレオ協会ニュースレター

a2a0c70fa7c4907005fbc4d936b37ccb (1)

こんにちは事務局の菅原です。

師走も半ばになってきました。

そろそろ今年一年を振り返り、
要不要を整理するタイミングになってきましたね。

さて今回は、でんぷん質の問題点についてです。

アップデート版では最重要とされる「糖」

糖にもいろいろな種類があります。

でんぷん質には、どんな問題があるのでしょう?

────────────────────────────────
■パレオ協会ニュースレター「デンプン質の問題点1」
────────────────────────────────

みなさん、こんにちは。
崎谷です。

 

原始人食アップデート版では糖・果糖は最重要であることをお伝えしてきました。

しかし、その糖がたくさん連なった多糖類であるデンプン質は問題があるものがあります。

その理由は2つあります。

 

1つは腸内で消化されないことで引き起こされる問題。

具体的には大腸に多数存在する腸内微生物のエサとなり、
腸内微生物が小腸内で異常増殖することです(SIBOといいます)。

リーキーガットのひとつの原因なります。

 

このことで起こる最大の問題は、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



が起こります。

 

もう一つは消化されない植物由来(コーン、小麦、ポテト)のデンプン質の粒子は
速やか(約2分)に腸のバリアを抜けて
全身(血液、リンパ、脳脊髄液、母乳、羊水)に循環することです。

 

これはリーキーガットではなく、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



といいます。

 

このデンプン質粒子の大きさは約0.1 ~100マイクロメータ。
この大きさの粒子を「マイクロパーティクル」といいます。

血管の中にこの大きさの物質が入るとどうなるでしょうか?


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



の原因になるという論文報告もあります
(Medical Hypotheses Volume 35, Issue 2, June 1991, Pages 85-87)。

 

以上から、糖分は多糖類より単糖類、二糖類を推奨しています。

────────────────────────────────

再び事務局の菅原です。

◆パレオセミナー
・1月15日 健康神話〜『油の真実』@大阪
http://kokucheese.com/event/index/353145/

◆崎谷先生も食べている「パレオセット」
野菜が新鮮、こんな卵食べたことないと大好評です。
http://paleo.or.jp/official/3157/

パレオ協会・会員様ページ
http://paleo.or.jp/

各プログラム閲覧は以下となっております。

◆ナチュラルパレオ
(プログラム入会者全員が対象)
http://paleo.or.jp/natural/13/

◆メディカルパレオプログラム
(メディカルパレオ、ケトパレオ参加者が対象)
http://paleo.or.jp/medical/33/

メディカルパレオ記事一覧
メディカルパレオへ参加したい場合は
↓こちらから↓
http://paleo.or.jp/medicalpaleo/

◆ケトパレオプログラム
(ケトパレオ参加者が対象)
http://paleo.or.jp/keto/81/

ケトパレオプログラムに参加したい場合は
↓こちらから↓
http://paleo.or.jp/ketopaleo/

───────────────────────────────────
【配信元】
社団法人 パレオ協会 事務局
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-6 テロワール南青山103
電話番号:03-3400-8853 (平日10時~17時)
※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

配信の停止は  http://paleo.or.jp/login/?action=profile

(一旦ログインが必要です)

=================================================================

このページの先頭へ