骨そしょう症とパレオダイエット~その一/パレオ協会ニュースレター

こんにちは事務局の中野です。

冬将軍?の到来でめっきり寒くなってきましたね(*^_^*)

一昨日、広島市内でも山手付近では、初雪がちらつきました!

 

実は・・・・中野・・・寒いの苦手です(@_@;)

重ね着すると、動作は鈍くなり窮屈になっちゃうし

何といっても!通勤時のバイクは・・・極寒です(*_*)トホホ

老後は、九州や沖縄で過ごすのが目標だ!!

 

と・・・・毎年冬になると思っちゃいます(●^o^●)

 

さて!今日のお話は骨そしょう症についてです。

3週に渡り『骨』についての内容をお送りいたします。

────────────────────────────────

■骨そしょう症とパレオダイエット~その一

────────────────────────────────

みなさん、こんにちは。

崎谷です。

今回は、私たちの身体の要である「骨」と原始人食(パレオダイエット)

についてお伝えしていきます。

原始人食(パレオダイエット)では

積極的に乳製品をお勧めしていないことでカルシウム不足になるので

「骨」に対してよくないのではないかと懸念されることがあります。
(※実際には牛乳を飲むほど骨がもろくなるのですが。。。)

 

この懸念は

乳製品を摂取しない民族が

生涯健康で強い骨を維持しているという事実だけでも

払拭されます。

 

その一方で

乳製品を多く摂取する現代人に

「骨粗しょう症」で骨折するひとが多いのは

なぜかを考えていきましょう。

 

原始人食(パレオダイエット)と

パレオライフスタイルがあなたの骨を丈夫にし

加齢と関係なく骨の強度を維持できます。

 

まず「骨そしょう症」とは何でしょうか?

私たちの骨もイメージとは全く違い

ダイナミックに変化しています。


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


さて、少し視点を変えてみましょう。

 

骨はカルシウムの一大貯蔵庫。

骨が一旦は分解されることで

血液中にカルシウムを放出します。

 

何のためでしょうか?


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


 

メディカルプログラムのパレオフィットネスで

メディカルパレオ第6回 運動(パレオフィットネス)


お伝えしたように

肝臓は糖を貯蔵し、血糖を適度にコントロールしています。

骨はカルシウムを貯蔵し、血中カルシウムをコントロールしているのです。

このページの先頭へ