Q&A 『産後のむくみについて』


産後のむくみについてのご質問に回答いたします。

(ご質問内容)
出産後、出血は少なく、貧血の値も7.6で目眩などもなく穏やかに過ごせておりますが水分補給のためという点滴をしたせいなのか足がパンパンにむくれています
そして出産前に骨盤周りの痛みをかばい生活していたせいか病変の拡大なのか出産時の力みのせいか分かりませんが胸下の肋骨かその辺の筋肉が痛くて呼吸と身体活動が不自由です.
お忙しいところ大変恐縮ですが何か考えうる原因やできる対策などございましたらお教えくださると嬉しいです

何卒よろしくお願い申し上げます
(回答)

・産後の浮腫み(むくみ)の最大の原因は、[hidepost=0]プロゲステロンに対してエストロゲンが優位になるからです。エストロゲンは血管をリークさせるだけでなく、細胞内そのものに水を引き込みます。

・この状態で点滴しても、水分が血管から組織間質へと漏れていくため、浮腫みがひどくなります。

・脚の浮腫みには足の挙上や弾性包帯を巻くことが推奨されていますが、基本は糖のエネルギー代謝を回復させて、エストロゲンドミナンスの状態をプロゲステロン優位に変えていくことです。

・多くの産後の浮腫みは、母親の糖のエネルギー代謝が回復していくことで自然に寛解していきます。いつまでも浮腫がある場合は、エストロゲン[/hidepost]を低下させていくためにも、糖質をしっかり摂取していきましょう。

・肋間筋の痛みも糖のエネルギー代謝が回復することで、自然寛解していきます。
(参考記事)
『粉ミルクと母乳そして白血病』2019/8/12 崎谷博征ブログ
『子だくさんのお母さんは老化が遅い!』2019/3/2 崎谷博征ブログ
『母乳を与えることで母親も健康に!』2015/11/24 崎谷博征FB
『なぜお 乳が出ないのか?』2015/9/7 崎谷博征FB
『母乳がある物質で汚染されている!』2015/8/22 崎谷博征FB
『不妊治療後の出産では“うつ”になりやすい』2015/8/19 崎谷博征FB

このページの先頭へ